2021年10月9日

朝、9時過ぎに起きて、昨日から読み始めた緒方壽人『コンヴィヴィアル・テクノロジー 人間とテクノロジーが共に生きる社会へ』の続きを読み、読了。前半は最高、中盤以降はちょっとのれなくてかなり読み飛ばしたが、後半の「ERATO 川原万有情報網プロジェクト」の先生方へのインタビューも非常に面白い。日頃の技術との関わりについてはもちろん、自分の仕事だとか研究だとかについても、コンヴィヴィアリティを醸成するようなことをしているのだろうかと問い直すきっかけになった。

GR IIIxで写真を撮りたいというのもあり、外出。エレベータはまだ復旧していない。とりあえず渋谷へ。バスに揺られながら、Duolingoをする。前回のターンで、忙しくであまりできずにいたら、つい見逃してしまってパールリーグに落ちてしまったのだった。とりあえず、すぐに黒曜石リーグに戻らないと。そんなことをしている間に、すぐに渋谷に着く。

丸善ジュンク堂によって有田正規 『学術出版の来た道』を購入。お茶しながら、さっそく読み始める。さらに場所を変えて、続き。GR IIIxについてのYouTube動画を少し観たりする。目新しいことがあるわけでもなかった。ひととおり用事も終えたので、帰る。家を出てから帰り道まで、そんなに多くはないけど写真を撮って歩く。エレベータが復旧しているといいなあ、でもだめだろうなあと思ってマンションにたどり着いたのだが、復旧していた!よかった。

夕食を食べたのち、撮ってきた写真をInstagramにアップした。

ElixirConf USのスライド作成の続きをやらないとと思いつつ、なかなか興が乗らないので、YouTubeで配信しながらやったらいいのでは?と思いついてやってみた。結果、かなり集中して作業できたのでよかった。人々が作業配信みたいなのをするのは、こういう理由なんだなあ。

その後、『学術出版の来た道』の続きを読み、読了。学術誌の歴史と現在を150ページとは思えない密度でまとめて紹介してくれる面白本。科学といえども社会の営み。こういう活動が一方ではあって、成り立っているのだなあ。最近読んだ関連本でいうと、査読という観点から昨今の新しい取り組みについても言及があるのが『科学を育む 査読の技法』。査読を論文の公開後に実施するような、オープン化の試み等について紹介されている。しかし、この界隈にはあんまり関わりたくないという気持ちになってしまったなあ(情報系だと論文誌より国際会議の方が重視されている)。

2021年10月8日

朝30分の研究タイムは、今日もElixirConf USのスライド。図表を2枚書いて、好調な滑り出し。その後、定例ミーティングや、エンジニア全体ミーティングで話したりなど。

昨日「どんな環境でも成果が出せるエンジニアの条件とは? コロナ禍の働き方シフト、1年経過で分かったこと【CA、DeNA、GMO、ミクシィ役員座談】」という記事が出たのだった。Bit Valleyというイベントで話したメンツで、お代わり座談会みたいな感じ。

散歩兼昼食のために外に出たら、エレベータがまだ止まっていて、驚く。昨晩に引き続き、エレベータの管理会社には電話が繋がらないし、災害時の連絡手段として提示されていたWebサイトにも繋がらない。あとでマンションの管理会社に連絡しないとなあと思っていたら、夜にようやく張り紙で、とにかく復旧見込みは不明なので待て、という内容が掲示されていた。こういう時は、第一報を迅速に出すのが先決だよなあと思う(張り紙しに来ることすら大変な状況なのだろうというのは理解している)。

仕事を終えて、今週も疲れていて寝てしまう。3時間ほど寝た。最近けっこう疲れ気味だなあ(身体的にという意味で、気持ち的には普通に元気)。

ネットで調べてみたら、あちこちでエレベータが止まって大変な人たちがいるようだ。7万5千基ほどが止まったそうだ。うちまで回ってくるのには、まだ時間がかかるだろうなあ。とはいえ止まらなかったエレベータもあるだろうし、もう復旧しているマンションもあるようだから、どういうエレベータが止まって、どういう順番で復旧しているのかは気になるところである。また、こういう脆弱さがあると思うと、マンション暮らしも考えものだなあ。かといって代替案もないのだが。ともあれ、昨晩から3回ほど非常階段で上り降りして、いい運動にはなっていそう。というか、普段からそうするのがいい気もしてきた。

ElixirConf USが終わるまでNeos VR禁止令を自分に課しているのだが、そうすればしたで、Neosへの思いが募る。Neos VRは、プログラミングを始めた時の楽しさ、夢中になる感じを思い出させてくれたなあ。試してみたら動いた!という時の感激。楽しいから、もう何年もずっとプログラミングして遊んでるということ。仕事でコードを書くみたいなことはあまりないのだが、それとは関係なく初発の気持ちを忘れずに、ずっと楽しんでいたいと思う。

2021年10月7日

今朝は起きられなかった。10時半ごろに起きる。いくつかミーティングをした後、オフィスへ出社。今日は、会社の四半期報告会。その後、元同僚のつなぎで、ある会社のCTOの方とZoomでおしゃべり。元同僚の依頼で、その方をあるイベントに紹介して、登壇に繋がったとのこと。CTO協会の活動等、社外の方々と話す機会を増やしていこうと思う。

その後、社長を含め同僚らと、会社近くのお店で軽く夕食。

お茶しながら、最近のNFTの動向について調べる。同僚らに教えてもらったOff Topicというポッドキャストの「#82 NFTとオーナーシップ経済」「#83 Bored ApesやCryptoPunksに秘めたNFTアバターの可能性」(SpotifyのUIがよくわからなくてパーマリンクがうまく取れない……)を聴く。さらにここ2ヶ月ほど盛り上がっているらしいLootというNFTや、NFTゲームについて少し調べたり。Lootは何が面白くて盛り上がっているのかよくわからなかったが、技術的というよりはコミュニティ的に広がる設計の妙というところが肝であるようだ。CollectibleなNFTが今年はバブル的に盛り上がったが、コミュニティへの参加権のようなNFTの盛り上がりということになるようだ。

お茶している間に地震。東京は震度5程度。さっそく各所連絡して、問題ないことを確認。帰宅してみると、マンションのエレベータが反応しない。エレベータ管理会社に電話してみたが、混み合っているということでつながらない。時間がかかりそうなので、しかたなく非常階段で上がる。しんどかった。家の中は、本棚が少し崩れていた。

Off Topicの他の回を聴きつつ日記を書いたり、Aboutページを少し整備したりなど。さらに、MyEatherWalletに少しETHが残っているのを思い出してMetaMaskに送信、OpenSeaでMore Lootにbidしたりした。操作がよくわからなくて同じものに2回入れてしまって、6,000円分ぐらいのETHがほとんどなくなってしまった。難しい。

2021年10月6日

昨日は22時前にベッドに入ってそのまま寝入ってしまったのだが、途中目が覚めてしばらく眠れなくなったあと、断続的に目が覚めながら浅い眠りで朝までという感じで、横になっていた時間自体は長かったけど、そんなに眠れた感じはしない。

朝30分の研究タイムで、発表スライドの図を一枚書いた。英語でスライドを作るといっても、結局は図を書くのが一番時間がかかるわけで、そうすると英語を書くことそのものは全体としては対して影響はないように思える。そんなわけで、たくさん図を書く必要があるのをひとつひとつ片付けていく。その後、あれこれミーティングなど。

GR IIIxが届いた。撮りにでる時間もないのでまだろくに試せていないが、画角以外には大きく目新しい変化があるわけではないので、そんなに試すべきこともない。あれこれ撮ってみないと、良さがまだわからないなあ。

今日も、Kがスギヨのカニカマ「香り箱」をふんだんに使った料理を作ってくれた。また、Kは今日も銀杏拾いに出かけ、大量に採ってきた。風が強くて、またたくさん落ちていたとのこと。先日よりも大きな実が多かったという。煎った銀杏もいただく。美味しい。

ElixirConf USのスライドの続き。図を書いたり、説明文を書いたりというのをひたすら繰り返す。ようやく、半分は超えたところ。しかし、このままだと30分の持ち時間に収まらないことが見えているので、ちょっとシェイプする必要がありそう。ただ、英語だとどれぐらいかかるかが見えにくいし調整もしにくいので、早く一通りスライドを作って、通しで練習してみないとわからない。

WEB+DB PRESSへの持ち込み企画について、編集者からのレビューに対応する2回目の会議。意識合わせを行い、変更内容を決める。基本的に、僕がファシリテーションというか議論の進行役を務める。今日は、1時間ほどで決めるべきことを決められた。企画書としてはもう一息というところ。

本業以外にも様々な社会的活動をしているのだが、そのどれもが(少なくともその活動自体では)お金が入ってくるようなことではなくて、それにしてはかなり力を入れてやってはいるし、やらざるを得ないこともあったりして、そういうのもまた人生の豊かさにつながるものだったりするのだろうかということを思ったりもする。

2021年10月5日

朝30分の研究タイムは、ElixirConfの資料作成から。図を多く使って説明しようとすると、やっぱり時間かかるなあ。でも、文字ばかりじゃ何も伝わらないだろうので、時間かけてでも図を書いていく。

昼休みに、綿野恵太『みんな政治でバカになる』をさっと読了。いろいろ調べて、様々な観点から「二重のバカ」になってしまう構造を描く様は圧巻ではあるが、そんなに長々と書くような話なんだろうかと思いつつ、全体としては同意するところ。最終的に「ユーモア」へ、というのは、そうなるといいなとは思うけど、ねえ。

今日はあれこれミーティングがあった後、CTO協会のワーキンググループの定例ミーティングに加えて、イベント参加が連続であった。イベントの方は、これまで話したことのない方々とお話する機会。人々の話を聞いていると、ずいぶんしっかりやっているよなあと思うことが多い。こういう機会を活かして、いろんなひとと交流できる機会を増やしていきたいものだ。

全部終わるとだいぶ疲れてきて、夕食をとり終わったらスライドの続きをやらないとと思いつつ、ベッドでごろごろ。そのうち寝てしまう。

2021年10月4日

いよいよElixirConf USのスライドを作らないとマジで本格的にヤバい状況になってきたので、今日から開始。10月16日早朝に発表なので、10日ちょい。しかし、発表練習のことを考えるとスライド作成はもっと早めに終わってないとならない。朝30分の研究タイムでは、提供されたテンプレートを用いて、大枠を作っていく。どういうタイプのスライドにどのテンプレートを使うかを決め、それぞれについて自分の感覚的に微妙だと思えるデザインを微調整して、まずは自己紹介を書く。準備はできた。

久々に出社。入館に必要なICチップのついた社員証を忘れてしまう。久々の出社時は、決まってそうである。いつも使うバックパックに入れておくようにしよう。昼は、同僚と「ハノイのホイさん」でフォーをいただきながら、最近の事情についてあれこれと話す。

帰宅して、Kが作ってくれた夕食。採集した銀杏の実と先日届いたスギヨのカニカマ「香り箱」をまぶしたチャーハン。豪華。食べながら、NHKプラスで「うたコン」。AIさんを観る。この方は、三浦大知さんをフィーチャリングした曲を少し前に出していて、その関係もあってかKが推しているのであった。さらに、岸田新首相の記者会見を観る。歯切れ良くしっかりと大きな展望について語っていて、否が応でも期待を持たせると思われた(それ以上の言及は控える)。

その後、昨晩の企画会議での議論の結果を受けて、Elixir持ち込み企画のアウトラインを修正。また、他の著者陣の修正についてもチェックしてコメントしたりなど。アウトラインを作るところが前半の踏ん張りどころ。ここでしっかりやっておかないと、結局あとで困ることになる。逆に、アウトラインさえしっかりしておけば、あとは書くだけである。ただ、自分の担当章は4ページしかないのだが、少ない分量でけっこうな量の情報を盛り込む必要があるため、ちょっとまだ不確実かなあ。

昨晩、「【アーカイブ配信】『オーバーヒート』(新潮社)刊行記念トークイベント 千葉雅也×宮台真司「個として生きる勇気」」を観たこともあり、まだ読んでいなかった千葉雅也『オーバーヒート』を読む(併録の「マジックミラー」は既読)。素晴らしい。神経質そうな描写と、一方では、不意に現れるぞんざいな表現や男たちのぞんざいさへの愛着とが、文章にドライブ感を与えていて、単純に読んでいて面白い。どんどん読める。自分のダブルバインドな感覚も開かれていく感じがして、身体の感覚が鋭敏になる気がする。

2021年10月3日

朝、近所の公園に銀杏採集に出かける。昨日、Kが採集したポイントへまたいって、その続き。とはいっても、大量に落ちているので採っても採っても採りきれないほどあって、ただひたすら拾っては、ビニール手袋をした指で実をつまみ取って、種だけ袋に入れるというのを繰り返す。しばらくやっていたら腰も痛くなってきたので、そこそこ量も採れたし、ということで終了。公園近くの喫茶店で朝食をとって帰る。

午後過ぎに、丸の内へ。お腹も空いたので、まずはA16 Tokyoでご飯。イカ墨パスタなどを食べる。その後、GOOD DESIGN MARUNOUCHIで行われている「未来の花見:台湾ハウス」を観る。花をテーマに、再生素材を使ったデザイン作品を展示している。台湾の駐日大使だという方が視察に来ていて、係員のような人が熱心に案内・説明していた。その方は、喋り方からして台湾の人のようだったのだが日本語で説明していて、大使もふふむうなずきながら聞いている。

さらに、Kが行きたいというのでUSMのショールームをのぞく。モジュール式の、モダンな家具。

お茶しながら「『オーバーヒート』(新潮社)刊行記念トークイベント 千葉雅也×宮台真司「個として生きる勇気」」のアーカイブ配信を観る。10月1日に代官山蔦屋書店で行われた対談の記録。見逃していたので、アーカイブ配信をしてくれてうれしい。宮台さんのいう話は、細部の具体例はともかくとして大まかにはやっぱりその通りだなあと同意できるところがたくさんあって、それというのも大きく影響を受けているのだから当たり前なのだが、千葉さんの話とともにあらためて感じ入る。

夕食を食べながら、「アニマルアイズ〜写真家・宮崎学〜」 を観る。昨年放送したプログラムの再放送とのこと。見逃していたのでありがたい。東京都写真美術館でも展覧会をやっているし、『森の探偵——無人カメラがとらえた日本の自然』の新装版も刊行され、あらためて宮崎学さんが注目されているのは嬉しい。宮崎学さんについては、かつてYouTubeで取り上げてこともあった。

Elixirの持ち込み企画について、SlackとGitHubだけで進めていたのだが、ここらで一度ミーティングしておくほうがよかろうということになって、22時からミーティング。アジェンダを用意したりして臨む。色々議論して、話しておくべき論点については結論を出せたのでよかった。明日中に反映していかないと。

さらに、宮台・千葉対談の続きを観る。

2021年10月2日

眠りが浅くてちょいちょい起きる感じ。それで、11時頃まで何度寝かしてようやく起きた。その後、散歩に出て、お茶しながらネットを見たりDuolingoを進めたりなど。

午後は大学院のゼミ。Neosばかりやっていて研究自体はほとんどしていないので、IOTSに採録されたことや、ElixirConf USと博士後期課程の書類の準備をこれからするという報告をしたりなど。コンテナセキュリティのをテーマにしたいという学生さんがいて、先生がSpectreが代表的な事例として挙げられる昨今のCPUの投機実行に起因するサイドチャネル攻撃の話をしていたので、少し乗って話したりなど

久々にHMDでNeosに没入。先週末以来か。作りかけのGoogleスライドビューワの続きに取り組む。先日作ったLogiXをいったん捨てて、いちから作り直し。その結果、少し効率の良い実装になったのでよかった。しかし、やっぱりやたらハマったりして、まだまだ慣れには至らない。

今朝、Kが近所の公園で銀杏を大量に収穫してきた。煎ったものをいただいたら、とても美味しい。こんなものがたくさん落ちてるなんて、お得だなあ。夕食では、先日のハッカソンの審査員を担当したお礼ということでいただいたカタログギフトから選んだスギヨのカニカマ「香り箱」と銀杏を使った茶碗蒸しを、Kが作ってくれた。美味しい。

その後、さらにNeosでLogiXの続き。いいやり方を思いついたので実装してみたら、わりとあっさりできてよかった。ビューワの使い方の説明自体をGoogleスライドで作って、Neosでの動作状況を写真に撮って貼り込む。さらには、Neos内でそのスライドを使って説明動画を撮る。メタな感じ。今回はカメラアンカーを使って、あらかじめアングルを決めて撮影。簡単にできてよいなあ。

その後、チュートリアルワールドにいって、人々が作り物をしているのを眺めたり、困りごとがあったので相談したら、圧倒的知識とスキルであっという間に解決していただいたりなど。すごい。ドキュメントも何もないのに、よくもそこまで深堀りできるものだなあと思う。

2021年10月1日

気づけば10月。9月はあれこれとかなり忙しかったが、10月もだいぶわたわたしそうだ。着実にやっていかねば。

今日は1 on 1や面接など、おしゃべり続きの1日。楽しくもあるが、終わった後は今週の蓄積もあるのかだいぶ疲労して、ベッドに入って3時間ぐらいがっつり寝ていた。

その後、起き出して夕食をとった後、デスクトップモードでNeosに没入。少し調べていたことを試してみたり、先日書いたJSON APIのスクリプトを少し手直ししたりなど。先日から作っているGoogleスライドビューワをもっといい感じにしたら、VTuber活動もできそう。しかし、今月は15日にElixirConf USの発表があるので、スライド作成と発表練習をやっていかねば。Neosやる時間もあまりないなあ。でも、それさえ終われば、少しはマシになるはず。

昨日の話について、フィヨルドブートキャンプの日報でみなさんの感想を読んだ。それぞれにインパクトを持って受け止めていただいたようで、やってよかったなあ。

ぼーっとしてる間にGR IIIxの発売日になっていたので、注文した。予約注文してた気がしたけど、してなかった。なんだかんだで結局使うのはGRなので、IIIxを買うのもまあしかたなかろうという感じ。

2021年9月30日

5時頃に目が覚めて、今日話すスライドの内容のことが頭をぐるぐるして眠れなくなってしまった。7時頃までベッドでごろごろしながら考え事。いっそ起きだそうかと思ったけど、しんどくなるのが目に見えているので、なんとか二度目。そのため朝30分の研究タイムの時間に起きるのがしんどかったのだが、なんとか起き出した。でもあれこれ雑事にかまけてる間に終了。

いろいろ立て込んでいて全然時間が取れなくてスライドができていなかったので、午後は時間を取ってスライド作り。19時半からRemo上でオンライントーク。時間をオーバーするだろうというのと、スライドを作る時間がなくていろいろ盛り込みたかったことをたくさん省略したが、まあこれぐらいの分量でよかったような気もする。

その後、引き続きRemo上で懇親会。受講生の皆さんとあれこれお話。みなさん、それぞれの背景がありつつしっかり頑張っていて、素晴らしいなあ。フィヨルドブートキャンプは、コミュニティとしてのプログラミングスクールを体現していて、とてもよいと思う。

根詰めて疲労したので、雨が少し降っていたが散歩。お茶しながら、Twitterを眺めたりしていたら、IOTS2021の採録通知が届いた。23時直前という時間で、そんな時間に来ると思ってなかったので、驚く。何はともあれよかったなあ。フィードバックも納得感があり、次のステップへ前進できそうだ。