MonthNovember 2018

2018年11月30日

クライミングへ。先日できなかったのが今回はわりと普通にできたりしてうれしい。やたらひとが多いので、初心者壁を抜け出し、本格的な方へ。5級のもいくつかやってみたり。しかし、どうやってやるのかまるでわからないものもあり、壁を感じる……。

2018年11月29日

終業後は、T氏、S氏、K氏らと食事しつつあれこれおしゃべり。やっていきが高まる。その後、Harlemで朝まで。

2018年11月28日

終業後、同僚らと「中国茶房8 恵比寿店」へ。北京ダックも食べるが、目的は蚕など。残念ながら、サソリがなかった。蚕は、揚げ方の問題なのかもしれないが、思っていたよりドライな感じで、あんま美味しくなかった。

2018年11月27日

終業後はクライミングへ。先週出張でいけなかったりしてる間に、ホールドが一新されていた。また、新たな気持ちで初心者壁の6級をひとつずつやる。終わったあとは、めちゃめちゃ疲労感。

2018年11月26日

マネージャー読書会で『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』を読む。この本を読むのは3回目ぐらいで、とてもよい本だと思う。ある科学的知見があったとして、それが役に立つか立たないかは、その知見そのものよりも利用する側の状況に依存するのだから、知見を役立てられない場合は、条件がそろってないことをまずは認識するべきだろうと思う。

2018年11月25日

神奈川県立近代美術館の葉山館へ、アルヴァ・アアルト展を観にでかける。逗子も葉山も初めて。思ったよりもずっとビーチが素晴らしいし、富士山の見え方も神秘的で、人々がこの場所を好むのもよくわかる。

アルヴァ・アアルトについては、かなり自覚的にデザインの標準化をすすめていたということや、モホイ=ナジ・ラースローとの関係や、フィラデルフィア館のSF感あるかっこいいデザインなど、もっていたイメージと全然違う、同時代のモダニストたちと併走する面もたくさん知ることができて、とてもよかったなあ。カタログも購入。

帰り道、昼食でもとろうと歩いて店を探してみたが、道が狭いのには往生した。これは大変だなあ。ともあれなんとかご飯を食べたあと、恵比寿の東京都写真美術館へ。2度めの「愛について アジアン・コンテンポラリー」。さらに移動して、鷲神社で三の酉。すごい人集り。熊手がかわれたときの掛け声がすごくて、逆に買えないなと思う。

2018年11月24日

夕方、渋谷近辺のIT企業によるデザインイベント「デザインスクランブル」にちょっと顔を出した後、浅草へ。おなじみのかね庄さんへ。

2018年11月23日

宮古島4日目。15時過ぎの飛行機の時間まで、レンタカーでうろうろ。伊良部島を集中してめぐる。帰りの飛行機では、ひたすら寝てたら着いていた。渋谷へ戻り、goodbeer faucetsへ。

2018年11月22日

宮古島3日目。今日は総評や結果発表の他、スポンサーや関係者の話などをきいたり、懇親会をしたり。それらのあと、社のメンバーで「島おでん たから」。旨い。

2018年11月21日

宮古島2日目。今日は競技そのものの日。開始からネットワークトラブル続きで出鼻をくじかれ、準備してきたことが全然できないまま、次から次に問題が起こることに対処するばかりで防戦一方になり、やるべきことが全然できなかった……。反省。

© 2020 栗林健太郎

Theme by Anders NorénUp ↑