MonthJuly 2019

2019年7月31日

梅雨明けしてこの3日ほどで急に熱くなり、エアコンをフル稼働させてたら、さっそく水がぼたぼた漏れまくるという事態に……。管理会社に電話して修理にきてもらう。さらには、コバエが増えてきて仕事をしててもとびまわっている。薬局で対策になるものを買って設置したり、散布したり。

夜は、ちゃんちゃん焼きを作り、タキザワワイナリーのピノ・ノワールを飲む。素晴らしいワイン。さらにABC135 Bを解き、寝入りばなに、Rustのオンラインドキュメントを読む。

2019年7月30日

CTO関連で取材を受ける。記事になるのが楽しみだ。

会社で競技プログラミング熱が再燃しているので、僕もやってみようってんで、まずはAtCoder Beginners Selectionをやる。しばらく前に、興が乗って酒を飲みながら8問目まで解いていたので、今日は残り2問を解いた。その後、直近のコンテスト(AtCoder Beginner Contest)を軽く眺めたところ、全然解けそうにないので、どうしたものか……とうなる。

先日、高菜チャーハンを作ったのだが、もうちょっといい感じに作れるはずと思って、再度作成を試みる。が、米がもうないことに気づき、ピンチ。しかたないので、ファミマでインスタントのご飯を買う。最近のはかなりうまくなっているようで、そんなに悪くはない感じ。

2019年7月29日

帰宅して、カレーを作る。

NHK総合「ノーナレ ~川崎サウスサイドラップ~」を眺める。磯部涼さんの『ルポ 川崎(かわさき)【通常版】』で描かれていた世界をあらためて、って感じ。そういう世界に縁遠いわけではなかったし、これからもどうなるかわからないのだから、観る方にも気持ちが乗る感じがする。

2019年7月28日

本を読んだり昼寝したりなど、断続的によく寝てた一日。

2019年7月27日

Kの知り合いが日本にやってきたということで、浅草の鮨かね庄で鮨ランチ。いつもながらに美味しい。シンコも食べられて満足。夕方の花火大会までの時間、シーシャカフェによってスモーキング。この店はとてもよかったなあ。また寄りたい。

夜は、飲み食いしながら隅田川花火大会の見物。S氏に借りた300mm望遠レンズを用いて撮影を試みるが、全然AF合わなくてうまくいかない。三脚とふMFでいくほうがよいのか?ともあれ、大量に写真を撮った。その後、しばらく飲み食いした後、帰宅。楽しかったなあ。

喫煙をやめてから、カフェでのんびりしながら長居しつつなにかするということがやりにくくなっていたわけだが、シーシャはまさにそこを埋めてくれるものだなあと思う。お酒を飲んでいてもいいし、飲まなくてもいい。本を読んだりコードを書いたり、ひとと一緒のときはおしゃべりしたり。とてもよい。

2019年7月26日

新しい価値を作っていく。何も全然違うものを作るということではなく、たとえば、いままで出会ってこなかった人々にいまあるものをアレンジして使ってもらうというのも含めて。

桃居で今日から始まった山田洋次さんの個展へ。2年ぐらい前からの焼締めスリップウェアの新作が集められている。山田さんも在廊しており、しばしおしゃべり。欲しい物がたくさんあり過ぎる中から、選びに選んでいくつか購入した。

夕食に高菜チャーハンを作って食べた後、『デカルトからベイトソンへ ――世界の再魔術化』を読む。

2019年7月25日

夜は恵比寿のEBISU SHOW ROOMというイベントスペース(?)でCTO会。そのあたりもちょっとやっていく感じの話になってきた。

2019年7月24日

夜は鹿児島オフィス関連の人々で飲み。西麻布のplate tokyoから、ワインバー、シーシャ。

2019年7月23日

いろいろおしゃべりなど。

夕方、S氏が会社にやってきて、ひとしきりおしゃべり。その後、M氏が上京してくるということで、S氏、C氏とで品川で飲み。懐かしい話やらなんやら。

さらに五反田のシーシャバーで、今後のビジョンについてあれこれと考えてまとめたり。社内のプレゼン大会的なとこに申し込む。

GRIIIと引き換えにS氏からなんかいいレンズを借りたので、しばらく持ち歩いてあれこれ撮ってみる。

2019年7月22日

歯医者通院。

帰宅して、『時間術大全――人生が本当に変わる「87の時間ワザ」』を読了。時間の使い方をもっとチューニングしようと思っているので。生産性をいくらあげてもそもそも無駄なことしてたら意味ないってのは、ほんとその通りだろうなあと思う。その後、夕食を作ったり、習慣リストをこなしたり。

『ヒストリエ』の10巻、11巻を読んだ。

© 2020 栗林健太郎

Theme by Anders NorénUp ↑