Month: December 2020

2020年12月31日

大晦日。といっても全然そんな実感もなく、普通にレポート課題をやっているのだが……。昨日、ちょっとだけあたりをつけてあった「画像処理特論」のレポート課題の続き。22問もあって、かなりしんどい。ひとつひとつやっていけばいつかは終わるから、と思って、ひたすらやっていく。 昼食は、Uber Eatsで注文したスープストックトーキョーのもの。最近、宿題が忙しいというのもあってあまり料理を作らなくなってしまった。かといってコンビニご飯ばかりも飽きるので、Uber EatsやChompyなどでデリバリーをお願いすることも増えた(だいたいKが注文するのだが)。これはこれで楽でよい。しかし、つい注文しすぎて高くつくことが多いのだよなあ。 お茶しながら、大山顕『新写真論: スマホと顔』を読む。けっこう前から断続的に読んでいた本なのだが、あまりにも面白すぎるために消化するのが大変で、一気に読めずに数ヶ月ぐらいだらだら読み続けているのだった。これはかなり衝撃的な本なのではないかと思う。全章が新しい卓見に満ちていて、読み進めるたびに驚く。レフ・マノヴィッチのインスタ論の先を行き、『デジタル写真論: イメージの本性』のいう「デジタル写真」でしか見えなかった新たな写真観の提示も豊富な、まさに新しい写真論だと思う。 さらにレポート課題の続き。淡々とやっていたら、けっこう進んできた。途中、ご飯を作りながらNHKプラスで紅白を流しておく。さらに、食べながら眺める。無観客収録を活かして、ステージ構成が立体的になっていたり、演出もだいぶ凝っている感じで、すごいなあ。いったん観るのをやめて、さらに課題の続きに取り組む。 氷川きよしさんだけは観たいので、出てきたところをKに教えてもらい、一緒に観る。今年は2回着替えて(2つ目の衣装は、片脚だけ網タイツみたいな感じ)、最後は飛んでしまって、美川憲一+小林幸子という感じで、めちゃくちゃ素晴らしい。氷川きよしさんの、彼自身のセクシュアリティの表現も含めての「限界突破」ぶりには、涙があふれる。時代を象徴し、リードするような方になったなあと思う。 さらにレポートの続き。ほとんど終わりまで近づいた。年明けは、大学院生活という意味では、いよいよ副テーマと主テーマ研究に専念しなければ。まず1月から、研究計画書のドラフト作成と副テーマの論文執筆があり、さっそくだいぶ忙しいのだが……。ちょっとうまく作業を運べるようにしくみ化しないとなあ。

2020年12月30日

起き抜けに「田島ハルコ/未来世紀ギャルニア feat.Marukido,valknee」を観て、ヤバさに興奮。田島ハルコさんについてあんまりピンときてなかったのだが、面白いなあ。valkneeさんのパフォーマンスもキレてるし、Marukidoさんの「ダンシンオーナイ 男子に用ない」というパンチラインも歴史的だ。 朝から「高機能コンピュータネットワーク」のレポート課題に取り組む。昨日、いろいろ勘違いしていたことがわかったので、最初に戻って実行と確認のしなおしをしたりして、やたら時間がかかった。まあ、理解が進んだからいいけど。最後の設問のさわりだけやって、ボリューム感がつかめたところで既に15時を回っていて、時間がどんどん過ぎていく。 お茶しながら小崎哲哉『現代アートを殺さないために: ソフトな恐怖政治と表現の自由』の続きを読む。あいちトリエンナーレの美術監督をつとめた津田大介さんは、交付金の取り消しまで含めたシナリオをあらかじめ持っていて社会に大きな問題提起をしたみたいなことが書かれていて、さすがに贔屓の引き倒しではないかと思ったけど、帯に津田さんが推薦文を書いているので、それを認めていると受け止めるのが自然なように思われる。まあ、どこまで意図的かどうかというのは、どっちでもいいけど。 さらにレポート課題の続き。RIPによる動的ルーティングのあとは、DNSによる名前解決の委任を自分で手でたどりながらやっていくという内容。実際やってみると、知らなかったこともいろいろあったりして、勉強になる。コロナがなかったら情報系の授業はのきなみ最終テストで合否が決まる形だったのだが、今回のようにレポート課題でよかったように思う。出題範囲だけあって何が出るかわからないテストよりも、分量多めでゴールがはっきりしてるほうが、結果的に勉強量は増えるし知識も定着すると思う(少なくとも自分は)。 副テーマ研究についても進めなければと思い、検証の準備を始める。しかし、なんかうまく動かなくて、バグなのかどうかもよくわからないので、とりあえず再現環境を記述してイシューに報告。改善に向けて取り組みたいところ(研究の都合もあるし……。まあ、それ自体はなきゃないで大きく問題になることではないのだが)。 朝の流れで「¥ellow Bucks・Jin Dogg・LEX、日本のヒップホップ最前線を伝えるラッパーたち | STREET STORIES – #7 HIPHOP | GQ JAPAN」を観る。zoomgalsが少し出てるということだったので。しかし、2回だけちょっと出るだけでがっかり。もっとちゃんと取り上げてほしい。ただ、この動画で知ったLEXさんのヴィデオをあれこれ観ていたら、めちゃくちゃヤバくて驚く。新しい才能だなあ。 最近、zoomgalsさん、テオドール・クルレンツィスとムジカエテルナ、藤井風さんなど、それぞれに全然違うジャンルや才能の人々を知って、それぞれに驚かされている。さらにLEXさんもヤバいし、2010年代の情報環境が育んだ最良の音楽的成果という感じがするなあ。

2020年12月29日

首凝りからの頭痛。先日もだったし、今日のも昨晩あたりから。最近また首凝りからの頭痛が出るようになってきたので、気をつけないと……。そこまで重くはないけど、しんどくはある。ストレッチを入念にするようにしよう。 小崎哲哉『現代アートを殺さないために: ソフトな恐怖政治と表現の自由』の続きを読む。昨今の問題について考えるための視点と情報を幅白い観点から提供してくれる本で、ジャーナリストとはかくあるべしという本だなあと思う。勉強になるなあ。 「高機能コンピュータネットワーク論」の課題レポートの続き。RIPで動的ルーティングをしようという内容なのだが、指示のとおりにやってもRIPのレスポンスが返ってこなくて、ハマる……。夕食後も続けて取り組んで、あれこれ調べた後にサブネットマスクを変えてみたら動き始めた。なんだこれは。ネットワーク、全然わからん。 夕食は、ミッドタウンのNIRVANA New Yorkで。スタイリッシュなインド料理。美味しいなあ。量が少ないかなと思ったけど、いまの自分にはもうこんぐらいがちょうどよいのであった……。 帰宅して、宿題の続き。 株主優待のminneクーポンで買った盆栽が届いた。かわいい。

2020年12月28日

朝、少し仕事をした後、午後は赤坂のスタジオへ。今年は、毎年やっている会社の年末総会をオンラインでやるのであった。3D CGをふんだんに用いた演出のため、かなりおおがかりなスタジオで撮影することになり、すごい。スタッフさんもたくさん。目の前には、スタジオの奥、横、下の四方を囲むグリーンバッグの前にひとがいるだけなのだが、モニタで見るとサイバーな感じの会場にいる。眼がバグってくる。面白いなあ。 いつものように表彰したり、業績報告したりなどのあと、懇親会。クイズ番組的な出し物も面白い。演出すごいなあ。また、うちからも司会として出ていたAさんとかも、面白かった。すごい。そんなわけで最後のフィナーレで自分も少し登場したりなど。今日、それだけのためにスタジオに来た感じなのだが(笑)。フィナーレのあと、いつも社員旅行でカラオケしている曲が流れつつエンディングロールだったのだが、合わせて流れるコメントをみんなで見ていた。感慨深い。この場を準備してくれたみんな、こうして参加してくれるみんな、ありがたいなあ。 その後、近くの全然ひとの入ってない店で、軽く打ち上げ。

2020年12月27日

朝は研究室のゼミ。来月には研究計画書の素案を出してディスカッションするということになり、いよいよ差し迫ってきた感じがする。やっていかねばなあ。その後、ライブラリのメンテナンスなどでコミットをいくつか。 Kが表参道へ行きたいというので、でかける。ランチをCICADAで。ここではないどこかみたいなのに対する憧憬みたいなのはあまりないのだが、地中海世界に対するそういう気持ちというのは少しあったりする。ギリシャ世界の島々はもとより、カヴァフィスのアレクサンドリアやロラン・バルトのタンジール。レバノンやイスラエルは、昨今注目に値するワインを作っているところもよい。そういうこともあって、この店は食べ物とワインによって気軽に気分を満たせるのがよい。もちろん、出されるものは確かである。 その後、Kについてその辺の店を見てまわる。自分自身は、もうすっかり衣類にお金をかける気持ちなどは失せてしまって、あるものを着回してまかなってしまっているのだが。もちろん、気にいるものがあればほしいと思うだろうけど、そういうものを探そうという気持ちがない。最近話題になったジェラートピケの寝間着を買ってくれるというのでヒカリエまで足を伸ばしたが、上下セットがそろってないものが多く、買えなかった。 その後はKと別行動になり、お茶しながら仲正昌樹『フーコー〈性の歴史〉入門講義』を読み始める。2018年の講義から本にまとめたというものだというが、期せずしてタイムリーな出版になったように思える。その後、PARCOに寄って、空山基+H・R・ギーガーによる展覧会「H.R.GIGER×SORAYAMA」を観る。空山基さんの作品に魅力を感じることがないわけではないのだが、いまとなってはちょっと厳しいなという気持ちも同時にあったりもする。とはいえ、大きな立体作品には圧倒されるのも確か。ギーガーの作品も面白い。 帰宅して、ダムタイプの「2020」が今日までの3日間、YouTubeで限定配信されていたのを観る。もともとは3月に公演があるはずだったのだが、コロナで中止になってしまったもの。ぼーっとしていてチケットを買い逃してしまっていたのだが、結局観られなかったのものが、今回配信されたことで観られてよかった。しかし、これまでの作品同様に、池田亮司さんの音楽を聴いていると心地よい眠気に誘われ、半分ぐらい寝ながら観るという感じだった。別に退屈なわけではなくむしろ面白く観ているのだが、どうしても音につられてしまうんだよなあ。 ご飯を食べながら、NHKプラスで「光秀のスマホ」の総集編に秀吉編を加えた別バージョンのようなものを観た。以前の放送も観ていて、そんなに期待してなくてただ観始めたら思いのほか面白かったのだった。その後、小崎哲哉『現代アートを殺さないために: ソフトな恐怖政治と表現の自由』を読み始める。のっけからマウリツィオ・カテランの話から始まり、ホワイトハウスにキュレーターがいるなんて知らなかったし、面白いエピソード満載で引き込まれる。読み進めるのが楽しみだ。さらに、テオドール・クルレンツィスとムジカエテルナの演奏を、サブスクで聴き進める。なるほどこれはすごいなあ。

2020年12月26日

朝、9時に起きて「画像処理特論」のレポート課題について確認。予告通りの20問追加。授業に出てきてない内容を調べて書けみたいな感じだからめちゃ時間かかるんだよなあ。しかしこれの締切は1月9日で、期限的には最後なので、とりあえずあとまわし。正月休みに少しずつやっていこう。その後、「高機能コンピュータネットワーク」のレポート課題に取り組む。ホスト間でのARPリクエストのパケットをWiresharkで眺めて、内容を書き写しつつ図示するというもので、それ自体は簡単なのだが図を書くのが大変……。 午後は、「オペレーティングシステム特論」の試験。試験問題がLMSにアップロードされ、そこから1時間半で提出まで完了するという形の試験。持ち込みはあり(というかネットで調べるのでもなんでもあり)なのだが、量が多くてしんどかった。というか、2問書けなかった。「優」とれたとしてもギリギリになりそうだなあ。でもまあ、なんとかとれてほしいという気持ち。 Kにつきあって買い物へ。最近は(?)年末にもセールをやっているらしい。服を一緒に見るのはまあいいのだけど、困るのは試着してる間とかなんだよなあ。男性ものも併設されているような店ならそっちへ行けばいいけど、女性ものしかないような店で、かつ、座る場所とかがないようなところでは、手持ち無沙汰でどうしたらいいかわからない。というわけで、少し一緒に服などを見たのち、別行動へ。 お茶しながら、昨日リリースされたRuby 3について、変更点を記したページや解説エントリなどを読む。盛りだくさんで消化しきれないが、ひととおり眺めた。帰り道で、小崎哲哉『現代アートを殺さないために: ソフトな恐怖政治と表現の自由』、仲正昌樹『フーコー〈性の歴史〉入門講義』、古田徹也『はじめてのウィトゲンシュタイン』を購入。 帰宅して、「高機能コンピュータネットワーク」の宿題の続き。先生は、早いひとは半日ぐらいで終わるんじゃないかとおっしゃっていたが、まあ確認するだけなら終わるかも知れないけど、図を描くのが大変だ。ネットワークをルータでつなげてルーティングしてみて結果をまとめたりという感じで、理屈としては知ってるつもりでも、実際に自分でやったことがあるわけじゃないような内容について手を動かすというもので、楽しい。

2020年12月25日

今日も1 on 1をたくさんやった日であった。その他、ミーティングなど。今年も、あとは28日の年末総会でだいたい納まる感じ(休み中も対応してくださる方々もいるので感謝)。 夜は、Kがクリスマスということでご馳走を作ってくれた。ビーフストロガノフとホタテのカルパッチョ。おかわりして食べていたらふたりともお腹がいっぱいになって、せっかくケーキもあったのに食べられず、明日に回すことに……。 ご飯を食べながら、NHKプラスで「ガンダムを動かせ~夢に挑んだエンジニアたち~」を観る。ご多分に漏れず僕もガンダム好きだったので(「ファースト」から「逆襲のシャア」まで。小学生の頃は一時期有り金すべてをガンプラに費やして数十体作ったり、オリジナルモビルスーツの絵をたくさん描いたりしてた)、めちゃ興奮したなあ。友人のE君が関わっていて組み立てのところで出るかもと思って観ていたのだが、それらしい姿を確認できず(あとできいてみたら、減速機をとりつけるところで出たということであった)。 「ソフトウェア設計論」の最終課題の最後の一問に取り組み、完了する。後半3問は全然自身がないのだが、一応全部書きはしたし部分店ぐらいはあるだろうことを期待。提出と受領メール受け取りまで完了。 今井むつみ『英語独習法』を読み、読了。著者は以前読んだ『言葉の発達の謎を解く』の著者で、認知科学の観点から子供の言語獲得を研究している方で、その本も面白かったのだが、学習理論についても研究しているということで、今回のはその両者が組み合わさったような内容。多聴・多読等をむやみに頑張っても日本語的な「スキーマ」を意識化しないと意味ないよねという主張に納得。英語的なスキーマを鍛えるためにコーパスを使用して正確な語感を養うことを解いているのも、具体的な筋道が示されていてよかった。 雑誌「Interface 2021年2月号」が届いていたので、冒頭だけ少し読む。OS、言語、コンパイラを中心とした「低レイヤ入門」ということで楽しみにしていた号。Cortex-M4向けのMiniOSなるものを紹介していて、めちゃ面白そう(OSというよりはタスクスケジューラみたいな感じみたいだけど)。その辺は、大学院の授業でOS全般やリアルタイムOSについて学んだりしたので、自分でももうちょっとやってみたかったのだよなあ。IoT関連やるにしても、もう少し中身を知っておきたいし。テストとレポートの合間の息抜きに読み進めよう。実装もしてみたいなあ。 僕も参加したNervesJPのAdvent Calendarが「Nervesな2020年を #NervesJP 的に?? ふりかえる」というエントリで完結した。11月から界隈の方々と交流させていただく中で、あらためて開発者のコミュニティと関わってあれこれするのは楽しくていいなあと強く思う。親切に接してくださったおかげである。感謝だなあ。研究についても、その方面のことをやっていこうかなと思っていて、その意味でもありがたい。

2020年12月24日

1 on 1をたくさんしたり、研究会やミーティングをしたりなど。1年のまとめをしつつ、あらためて来年へのやっていきが高まる。仲間のみんなへの感謝が増すばかり。どんどんそういう気持ちが増していく。自分の力など1ミクロンもなくて、みんなでやっていっているんだよなあ。 もろもろ仕事を終えて、クリスマスのプレゼントを買いに出かける。先日、Kとぶらぶらしている時に、LOEWEでほしいものがあるというので見に行ったのだが、迷ったあげくに買わずにいたものがあったので、それを買った。最近教えてもらったChompyというアプリで恵比寿のコンロウがあったので、夕食のデリバリーを注文。帰り道で書店によって、今井むつみ『英語独習法』を購入。帰宅して、夕食をとりつつプレゼント。喜んでくれてよかった。 「ソフトウェア設計論」の最終課題に取り組む。ぶっちゃけ、宿題を全部出したことでもう単位は確定しているし、最終課題も既に終わったところまで入れれば「優」はとれるだろうから、もうやらなくてもいいといえばいいのだが、残っているものをブランクにして提出するのも癪なので、できるだけやろうとしているところ。しかし、答えが合ってるかどうか定かではない……。とりあえず、残すはあと最終の大問だけ。また根詰めて頭痛になったら嫌なので、あまり無理しない程度にしておく。 昨晩書いていたコードについて、ドキュメントまで書いた後にpull requestを送ったら取り込んでもらえた。そういうのをちょこちょこやっていくようにしよう。

2020年12月23日

昨日、根を詰めすぎた感じがしていたが、朝起きたら首凝りが……。そこまで酷くはないものの、軽い頭痛に発展。仕事もわたわたしてしまって、もっとパシパシとタスクをこなせるようにやっていきたい……。さらに、夜はCTO協会のミーティング。頭痛薬を飲んだのもあり、頭がぼーっとする。 山本貴光さんのブログを見ていたら、今年出た本のひとつとして寄稿した文章が収められている『わたしの外国語漂流記: 未知なる言葉と格闘した25人の物語』が紹介されていて、そういえばこの本まだ読んでなかったなあと思って取り寄せたのが届いたのでさっと読んだ。外国語を勉強したくなるなあ。結局いまだに全然できないのだが……。この本は、昨今注目されている仕事をしている文化人類学者たちも寄稿していて、その観点でも興味深い。また外国語の文脈で「奄美語」があるのも、昨今的な流れだろう。 宿題をやらなければならないのだが、頭痛後の疲れと眠さでやる気が出ず、なんとなくだらだらとネットを見たりなど。そんなことしてる暇があったら宿題をやれという感じなのだが、頭がぼーっとして働かないし。それならさっさと眠ればいいのに、それもまたもったない気もするしなあ。ともあれ、さっさと寝よう。 最近、自分の感覚がややズレていると思える感じもしてきたので、もっと慎重にセンシングすることで、体勢を立て直していかねばという思いを持った。また、いろいろとステージが変わったこともあり、自分自身ももっと人間的に器量を広げていかないとならないよなあとも思う。一方で、学生をしていると、それはそれでフォーカスするのが必要な営みなので、なんか考えが狭くなってきてる気もするんだよなあ。そういうあたりで、最近いろいろ気持ちの向け方を意識しないとなあと思うことが多い。

2020年12月22日

来年に向けてのやっていきを高めたりする日だった。夜は、表参道へ出向いてあれこれ。 帰宅して、夕食を食べた後、「ソフトウェア設計論」の最終課題(実質的に最終試験)の続きをやる。よやく半分ぐらいにきたのだが、全然わからない……という感じになってきてヤバい。とりあえず回答を書いていっているが、合ってるかどうかわからないなあ。合ってないとしても、どうしたらいいのかわからない。それでだいぶ根詰めて1時過ぎまでやっていたので、疲れてしまった。うーん、これを速攻で終わらせた同期のひと、どうなってるんだ……。 というところまで書いたのだが、submitせずに寝てしまっていた。