• 2021年1月31日

    午前は、昨日に引き続き「遠隔教育システム工学」。前半は普通に講義があり、後半はグループワーク。昨日締切のレポートについて、4人のグループでそれぞれ簡単に紹介して、改善案をもらうというワーク。あまりしきる感じのひとがいなさそうな時はしきるようにしているのだが、今日もしゃしゃり出て進行役になった。グループワークの成果物自体も評価対象になるということだったが、ともあれ無事に終わってまっとうなものになったのではないか。午後は「システム最適化」の講義なのだが、ただひたすら話が続くだけで、これなら普通に教科書読んで自習するのと変わらないので、ドロップアウトすることにした。そこに時間かけるより、研究を進めるほうがいい。

    天気もいいので、カメラを携えて散歩。雲ひとつなく、太陽の光がとても強いのだが15時過ぎですでにやわらかい感じもあって、いい感じ。あまり考えることなく歩きながら適当に撮っていく。でもやっぱ、50mmって慣れないなあ。

    お茶しながら、読みさしてあった『現代アートを殺さないために: ソフトな恐怖政治と表現の自由』を読了。確かにちょっと目に余る状況にあるよなあとは最近さすがに思うようにはなってきている。しかし、現代アートという営みに対する世間の認識が、そもそも本書のいうような認識とズレていることをなんとかしないと、どうしようもなかろうという気もする。ただまあ、アートそのものというよりは、そもそも自由に対する常識的な見解ですら相対的にまっとうな認識になってしまう事態に対して、当たり前のことをきっちり訴えていくということのほうが、まずは大事なんだろうと思う。

    Clubhouseで社会人博士についてのルームを聴いていたら、家について荷物をおろしたり電気をつけたりしようとしていたタイミングで突然発言を求められ、あたふたしてしまった。なんで社会人で大学院に通おうと思ったのかモチベーションを話すという内容だったので、研究所の所長をやっているのだが自分はろくに論文を書いたこともなく、それではやっていけないと思ったので、みたいな話をした。実際その通りである。まあ、もうちょっといろいろ思うところはあったりするのだが、そのへんは学位を取れたら、いずれ明らかにすることはあるかもしれない。

    撮った写真をLightroomにとりあえずつっこんで眺めていたら、玉ボケしたりぐじゃぐじゃにボケたりフレアが出たりしているところを拡大してみると面白いんじゃないかと思って、普通に撮ってそのまま出したものに対するバリエーションみたいなものをいくつか作ってみたりした。拡大した以外はなにもしていないのだが、面白くなり得る気もする。このシリーズを作ってもいいかもしれない。

    生配信を聞き逃していた「ポスト《あいちトリエンナーレ》、ポスト《トランプの時代》の現代アート~小崎哲哉『現代アートを殺さないために』 」を、YouTubeのアーカイブで観る。浅田さんも小崎さんも、展示のレイヤではあれこれ意見はあるが、政治的には100%津田さんが正しいといっていて、その通りだと思う。さらに「興行」としても成功しているわけだから、何の文句があるのだろうかというところだろう。浅田さんが、アイデンティティポリティクスが被害妄想的なマジョリティに悪用されてしまっていることと、それとは逆にポリコレの行き過ぎの反作用について話していたが、それはその通りだと同意しつつ、やはり当たり前のことを当たり前にやることだろうなあと思う。

  • 2021年1月30日

    午前は「遠隔教育システム工学」。会社の研修やらキャリアプランなどを考える上で、教育・学習の理論はつまみぐいしたりしていたのだが、あらためて総覧的に観ることができて、見通しがよくなる感じ。機会のデザインに加えてモチベーションのデザインも必要だという話で、ゲーミフィケーションがかなり最強感のある手法として紹介されていて、そうだよなあと思ったりする。また、昨今では「真正な」課題(作り物の課題ではなく現実の課題)に対して自ら手を動かして学ぶみたいなのがいわれているということで、そうだよなあと思いつつも、ピンとこない感じもしている。

    午後はゼミ。進捗報告と、修論の計画書について話す。やりたいこととしてはいいんじゃないか?という感じではあったものの、単純にボリュームが多いから分割したほうがいいのでは?とか、評価についてやりたいことと評価とがマッチしていない、無理やり感があるとかいろいろフィードバックをいただく。どちらもその通りだよなあと思える内容。まあいったん全体像を描きだしてみないと、それなしに部分問題について述べても意味不明だろうから順番としてはこれでいいとは思うが、その中のどこにフォーカスするかは詰めるほうがよさそう。その上で、評価も考えていかないとなあ。でもまあ、そもそも実現可能性を確かめるために、技術的な検証もしてみないとなあなどと思う。

    そんなこともあり、そういえばそういう話を書いた論文があったよなあと思いだして、「なぜソフトウェア論文を書くのは難しい(と感じる)のか」を読む。ソフトウェアというのが本質的に評価が難しいものであるとした上で、評価指標については、ソフトウェアの開発過程の困難さについてであるとか、自ら何かしら指標を立てて効果を主張するだとかあって、参考になる。なんかもうちょっと考えて、やろうとしていることにマッチした評価指標にできれば、そこから新規性にもつながっていくのかもしれないなあ。また次のゼミまでに考えてみよう。

    Jetson Nanoのセットアップをしようとしたのだが、起動しなくなってしまって謎い……。疲れて眠くなってしまったので、20時過ぎ頃にベッドへ。そのまま寝入って夜中に起き出し、日記を書いたり。KがClubhouseにハマっていて、いろんなルームで話しを聴いている。また、Kの知人や従兄弟などもルームを開設して話したりしはじめたということで、ここ数日での爆発的な広がりようが想像された。

  • 2021年1月28日

    今日も首凝りからの頭痛が続いている。最近は、一度頭痛になると2日は続くようになって、ほんとよくないなあ……。

    Jetson Nano 2GBと、Raspberry Piを背面に装着できる5インチディスプレイが届いた。Jetson Nanoのセットアップ用にHDMIディスプレイを買おうと思ったのだが、せっかくなら余ってるラズパイをくっつけておけるようなディスプレイにすれば、どっちでも使えるよなあと思ってそうしたのだった。

    頭痛が厳しいので寝たりなどしながらも、土曜日のゼミのための資料も作らねばならず、続きをやる。いろいろ考えていたら、なんとなくストーリーはできそうな気はするけど、新規性と検証をどうするかという課題が残るなあ。ただ、そこをうまいこと作らないと研究にならないので、もっと考えなければ。

    明日がんばれば資料はできそうな感じになってきたので、引き続き頭も痛いし考えるのがきつくなってきたので、Raspberry Piディスプレイのセットアップや、Jetson Nanoのセットアップなど。

    あー、明後日締切のレポートもあったのであった。はやいとこやらねば……。

  • 2021年1月27日

    朝、起きたら首凝りの予兆。ロキソニンを飲んだがどんどん痛くなってきて、夜にはけっこうつらくなってきたので少し眠った。しかし、まだ痛い。最近首凝りしなくなってたんだけどなあ。

    主テーマ研究の研究計画書について話すためのスライドを作らないとと思っているのだが、うまく進められない。昼に北九州市立大学の山崎先生にTwitter上で助言をいただき、やっぱり初発のモチベーションをちゃんと形にしていかないとなと思った。めちゃくちゃありがたい……。

    副テーマ指導の先生に論文を共有した。面白かったといっていただいたので、これで単位認定お願いします!と送ったら、体裁を整えたらOKというお返事をもらったのでうれしい。必修単位なので早いところ片付けたいと思っていて、早々にクリアできそうでよかったなあ。研究室のSlackの方でもフィードバックをいただき、ありがたい。

    計算社会科学入門』が届いた。情報科学と社会科学との融合というのは自分自身の関心でもあるので、興味深い本。領域を確立しようという熱意にあふれていてよいなあ。

    主テーマ研究計画のスライドを開いて、とりあえず文字を書き込んでみたりする。首凝りが気になって進まない。明日、明後日でがんばろう……。

  • 2021年1月26日

    去年の1月26日に、新型コロナウィルスの感染拡大への対応として、弊グループはリモートワーク体制になった。それから今日でちょうど1年。当初はどれぐらい続くのだろうかという感じだったが、早い段階で1年やそこらでは終わらないだろうことが予想されていた。それでも、1年まるまるリモートワークで過ごしたのだなあとあらためてふりかえると、すごいなあという気もする。ただ、収束自体はまだしばらくかかりそうだし、リモートワーク中心な働き方も不可逆だろう。

    夕食をとりながら今日の「おちょやん」を観る。時間が短いから、やっぱ週末とかにまとめて観るほうが楽しめる気がするなあ。その後、Kと親族のとの来し方などについてしばらく話をした。

    週末のゼミで研究計画書案について話す必要があるのだが、論文をやっていたこともあって全然時間をとれておらず、断続的にサーベイしていただけだったので、いよいよヤバいと思ってとりかかる。やりたいことの位置づけをどうするかが難しいなあ。うーん、ブレークスルーを求めてしばらく考えよう。といっても、しばらく、というほど時間はないのだが。などと考えつつ、Clubhouseから通知が飛んできたらのぞいてみたりしていた。ユーザが増えるにしたがって、雰囲気もどんどん変わっていく感じ。

  • 2021年1月25日

    昨日からClubhouseというアプリが流行り始めたのだが、ちょっと使ってみてひと通り遊んでみた。オンボーディングがよくできてる。選択なしにいきなり会話に入るのは面白い(けどしんどい感じもする)。UIがぬるぬる動く感じが気持ちいい。フラット型とサロン型を両立してるのいまどきぽい。さらにスケジュールイベントもあるのに、混乱なく整理できている。エフェメラルなのもいい(かも?)。でもコミュ力がめちゃ必要。このアプリがそのままTwitterみたいに流行るとは思えないけど、カスタマイズしたコピーサービスみたいなのは流行る余地があるのかなあ。

    夕食を食べながら、「ファミリーヒストリー」を観た。今日はバカリズムさん。いつもながら興味深い話がたくさんだし、なんであれ人々の歴史があっていまがあるという話には感動を禁じ得ない。その後、今日の「おちょやん」を観る。ウルフルズのひとがお父さん役ということだが、最近10話ぐらいしか観てないのでどういう関係なのかがわからない。しかし、役者としても面白いひとなんだなあ。

    その後もClubhouseでおしゃべり。自分の部屋で話したり、ひとの部屋に呼ばれて話したり、その後はベンチャー界隈の中で落合陽一さんが話している部屋があったので、話を聴きながら日記を書いている。落合さんが日記でも書いていたが、古き良きインターネット的な感覚はあるよなあ。そして、それはすぐに終わってしまうんだろうけど。ただまあ、久々にインターネットで遊んでる感じになるサービスという感じはした。という感じで、今日の夜はClubhouseで遊んでいたせいで研究活動が進まず。明日からがっとやっていく。いかねば。宿題レポートもあるのだたった。

  • 2021年1月24日

    今日から新しい講義「システム最適化」が始まった。そのあたりは、ちゃんと勉強しようと思いつつできてなかったところなので、しっかりやろうという気持ち。で臨んだのだが、スケジュールが変わって朝から夕方まで4コマ連続で、時間が長いのはいいとして、数学的な前提を積み上げていく講義を、途中で振り返ることもなく延々進められてしまうと、途中でついていけなくて、全然理解できないことを聴いているだけで、半分以上無駄な時間になってしまった……。じっくりやれば理解できない内容ではないだろうので、中間テスト前に復習しておこう。

    理研に寄付をしたお返しで「京」のプロセッサが届いた。お守りにしよう。

    お茶しながら、主テーマのために見つけてきた論文を読む。やりたいことの動機は似ていて、しかしアプローチが全然違うので、これはこれで参考になる。ここまでやってるのかすごいなあとは思うのだが、使われる余地はあるのかなあという気持ちにもなるなあ。ただまあ、名前をつけるぐらいのシステムを作って、インパクトのある取り組みをするのはすごい。そうありたいものである。切り口は見えつつあるけど、相変わらず評価をどうしたらいいかが定まらない。ふーむ。

    夕食を作る。とはいっても、Kがカツを買ってきたので、ご飯と味噌汁を作るのみだったが。食べながら、徳之島の闘牛の世話をする女子高生の話を観る。奄美大島と徳之島とではやや言葉は違うものの、共通するところも多くあるので、話しているのを聴いて奄美の方言だなあと感じる。徳之島の闘牛のことはよくしらないが、牛が思いのほか大きいし、闘牛場は立派だしで、驚く。

    その後、論文にいただいていたレビュー内容について検討し、反映させていく作業。ありがたし。自分では気づいてなかった視点も多く、けっこう考えて書いたつもりでも全然抜けてるんだな―と思って、勉強になる。しかし、ただいわれたことを「なるほど!」と思って取り込むだけだと自分でできるようにならないので、そもそもそういう考え方が自分でできるようにならないとなあ。ひたすらやっていて、しかし日をまたいで1時近くになったので、週明けから不調にならないようなところでいったん切り上げ。

  • 2021年1月23日

    さすがにいろいろ疲れがきて、11時頃まで寝てた。その後も、論文についていただいたレビューの対応をしようとしていたが、ちょっと詰まってしまって打開策が見つからずにハマりそうだったので、主テーマのサーベイの方へいったん移動。関係ありそうなキーワードでひっかけてみて、いくつか面白そうな論文があったので目を通してみる。面白いけどそういうのがやりたいわけじゃない、というか、そこに力点があるわけじゃないんだよなーという感じで、もどかしい。うまく見つけられない。

    美術/中間子 小池一子の現場』を買ったので読む。先日の石岡瑛子の回顧展つながり。この方もパワフルで面白い。ところで、石岡瑛子や小池一子さん(知人ではないひとの場合、存命の方には「さん」づけするポリシーでやってるのでこういう表記になっている)のこの書籍など、この年代の人々について触れる機会が続いている。もっというと、瀬川昌久さんと蓮實重彦さんの『アメリカから遠く離れて』もそうである(というのは蓮實さんについてであって、瀬川さんはさらに12年上の1924年生まれ!)。戦後に活躍した文化人たちが、いよいよ総決算という時期なんだろうなあ。

    早々にベッドにもぐって『闇の自己啓発』を読み始める。寝落ちしそうになりながら読んでいたのだが(面白くないからではなく疲れから)、だんだん目がさめてきて、どんどん読み進める。思いのほかバランス感覚のある話がなされていて、意外に思ってしまった。

  • 2021年1月22日

    論文をひととおり見直したので共著者に共有。さっそく見ていただいて、たくさんツッコミをいただく。過剰なご負担をかけるようなクオリティですみません……と恐縮してしまう。のだが、そんなことをいってもしかたがないので、おおいに感謝しつつなんらかの形でお返しできるといいなと思う。

    夜、仕事を終えたあたりでとても眠くなってきて、2時間ほど寝る。Kにご飯できたと起こされたのだが、目覚めの感じが重くてしんどい感じ。夕食を食べながら今週放映分の「おちょやん」を観る。先週、一週間分の総集編のようなものをふと観たら面白くて、続きも観てみようということになった。千代役の子の演技がコミカルで面白い。

    主テーマ研究に向けてサーベイもいなければと思いつつ、ひっかかってきた論文をいくつか見てみるが、新規性を比較できるような問題に落とすところが難しい。というか、まずは取り組もうとしているジャンルで何がなされているかを把握しないとそんなんわかるはずもないわけだが。ただ、調べる切り口もまだあまりわからないところ。

    ちょっと疲れてる感じなので今日は研究活動は休みにして、YouTubeでラッパーの動画を観たり。やっぱりLEXさんはすごい。他にも何人か気になったりしたひとがいたのだが、怖い感じなので触れたくない……。LEXさんの言葉遣いは、『フィネガンズ・ウェイク』的な袋小路を突破するにはラップにして歌えばいいのだという革新を感じる。

    同僚が、最近フィルムカメラの現行品を購入してそれで写真を撮ってると話していて「その手があったかー」と感心した。これだけコンピュテーショナルな処理が発達してきたら、デジタルな機材への関心はどんどん薄れていくだろう(というともちろん乱暴で、いろいろ考えるべき点はあるのだが。そのあたりは『新写真論』に詳述されている)。それなら逆に、決定的に物が違うフィルムカメラを使うほうが面白いんじゃないかとも思える。

  • 2021年1月21日

    昨夜はまたコード書きしてたら3時過ぎまでやってしまっていて、睡眠時間が7時間を切ってしまってよくない。しかし、今日はあんまりパフォーマンスが落ちた感じはしなかったなあ。波がある感じ。とはいえ継続性の観点からいうと明らかによくはないので、ほどほどにしなければ。

    いろいろアドバイスをいただいたりした結果、実装の変更と実験のやり直しをすることにしたのでここ数日あれこれやっていたのだが、一通り終わり。論文に反映させる。また、書いておかないとなという内容もあれこれ出てきたのであれこれやっていたらけっこうボリュームがあり、また、最初から見直して齟齬をきたしている部分を修正などしていたら1時をまわって目もしょぼしょぼしてきたので、今日はここまで。

    そういえば、去年ぐらいから老眼的な現象ぽいのがついに現れてきて、近くの小さな文字を見る時に見えにくくて自然と位置を調整していることに気づいたし、ディスプレイも小さい文字は見えにくいのでフォントサイズを大きくするようになった。エディタのフォントサイズは14ptとかになっていて、若い頃に比べるとけっこう大きめ。とはいえ近眼ではあるので、そんなに小さくはしてなかった気がするけど。歳だなあ。

    歳を感じることはいろいろあって、肌の感想がどんどん酷くなって痒くなるので秋頃になるとニベアとかワセリンとかを全身に塗らないとやっていけないようになったし、手足の先が冷えてしかたがないので外出時は手袋をして、家の中では中綿の入ったテントシューズをはいている。まあでも、そういうのは工夫すれば問題はないので視力に比べるとたいしたことではないのだが。

    主テーマ研究をどうするかが全然決まってないので、いまやってる論文の手を少し緩めて、そっちのサーベイもやっていかないと。めぼしい論文を片っ端から読んでいって、まずは切り口を見つけるところから。というか、まだそこにも至ってないというのがヤバい。